【リアル口コミ】バルミューダの加湿器(Rain)をやめた理由

タイトルに反しますが、私たち夫婦はバルミューダのデザインが大好きです。

サーキュレーターから始まり、加湿器、空気清浄機、オーブンレンジ、レトル、デスクライトと気づけばバルミューダ製品だらけ。おそらく掃除機も今使ってるダイソンが壊れたらバルミューダ製にする予定です。(株も購入予定)

今回はそんなバルミューダ大好き人間がどうして加湿器(Rain)だけやめたかを書きます。

今後、バルミューダの加湿器(Rain)の購入を検討してる方の参考になれば幸いです。

このブログのターゲット

  • バルミューダの加湿器(Rain)の購入を検討してる方

→バルミューダのサイトはこちら

私たちについて

  • 3歳の子ども(女の子)を持つ夫婦
  • バルミューダの加湿器(Rain)使用歴は3年
  • 都内在住

→私たちについてはこちら

良い点

プロダクトデザイン

圧倒的にオシャレです。

「加湿してくれるならデザインにはこだわらない」と言う声を聞きますが、家電のデザイン一つで家の中がグッと変わります。

加湿器で価格コムの上位ランキングに表示される「YAMAZEN Steam CUBE KSF-K282」とバルミューダの加湿器で比較してみるとこんな感じです。

デザイン一つでこんなに違うのかと言いたくなるほど、部屋の雰囲気も変わります。

体験デザイン

加湿器といえば、タンクのお水がなくなれば、本体からタンクを取り出し蛇口からお水を入れ本体に戻すタイプが一般的ですが、バルミューダの加湿器(Rain)は給水の際にポットへお水を直接入れる事ができるので、タンクの出し入れがなく子どもでも簡単にできるほど便利です。

最近ではUXデザイン(体験デザイン)もプロダクトデザイン以上に重要視されてますが、その最先端がバルミューダの良いポイントかと思います。

悪い点

1. デカい

他社メーカーに比べ圧倒的にデカいです。

地方ならまだしも、東京住まいの狭い寝室に置くと圧迫感を感じるのでリビングに置くようにしてます。

2. 値段が高い

ジェネリック家電で有名なYAMAZENやアイリスオーヤマに比べれば圧倒的に高額です。

→アイリスオーヤマの加湿器(アイリスプラザ)

→YAMAZENの加湿器(くらしのeショップ)

価格比較

  • バルミューダ:17畳対応で46,000円(税抜き)
  • アイリスオーヤマ:11畳対応で8,170円(税抜き)
  • YAMAZEN:20畳対応で15,800円(税抜き)

    3. フィルターコストが毎年ネック

    一番のネックといえばフィルターのコストです。

    →加湿器Rainのフィルターはこちら(Amazon)

    1シーズンで1回の交換で約4,000円。。。

    2シーズン頑張って使おうと頑張りましたが、ニオイがきつくなり1シーズンごとに交換してます。

    半年の使用で4,000円、月コストだと666円ですがどうでしょうか。。。

    4. メンテナンスが面倒

    これもネックです。

    フィルターメンテナンスを怠ると、ワキガかと思うような強烈なニオイが発生します。

    それを抑えるためにもクエン酸と重曹で1時間ずつ漬け置き洗い+給水ボールを洗ったりする必要がありますが、ズボラな私には不向きです。(基本は夫の仕事)

    5. 故障しがち

    1回目の故障

    購入2年目に1回目の故障が発生。

    コントロールリングをどんなに回しても押しても反応しなくなりました。

    原因は給水口の外側に水が入り、電子基盤が壊れた影響。

    バルミューダのサポートセンターに連絡し、日本通運のお兄さんが大きな箱を持ってきてくれ、その場(玄関)で箱に加湿器を詰め発送。

    1週間後くらいに戻ってきましたが、5,000円ほどの出費になりました。(メールでクレジットカード決済の連絡 or 代引きのどっちかで選べました)

    2回目の故障

    購入から4年目、新しいフィルターに交換してもワキガかと思うような強烈なニオイが発生するため、サポートセンターに連絡し修理に出しました。

    結果、フィルターを再度洗い天日干しにして終了とのこと。。。であればわざわざ修理に出さなくてもよかったけどいうのが本音で、根本的な解決には至りませんでした。

    (ただし、サポートセンターの方の対応は本当に親切でよかったです)

    象印の加湿器を購入予定

    バルミューダはメンテナンスとフィルターコストがネックのため、色々調べた結果、次回は象印の加湿器を購入予定です。(修理から戻ってきたバルミューダは知り合いにあげました。)

    →象印の加湿器はこちら(Amazon検索結果一覧)

    ただし、今年の冬は加湿器バブルなのか、定価より圧倒的に高騰してるため来年あらためて購入予定。今年の冬は部屋干しでなんとかしのごうと思います。

    当時の定価(メモ)

    忘れないようにバブル前の値段を明記します。

    • EE-RP50:15,000円
    • EE-RP35:13,000円
    • EE-DA50:18,000円

    まとめ

    プロダクトデザインも体験デザインも、次回購入予定の象印の加湿器より圧倒的に優れてるのは理解してますが、それでもズボラ夫婦には合いませんでした。

    フィルターコスト、メンテナンス、故障についてはあまり書いてる人がいないので、ぜひ今後Rainを購入される方の参考になれば幸いです。

    それでもバルミューダが大好きな夫婦でした。

    おすすめの記事