私たちについて

  • 父、母、娘(2歳)の家族3人
  • 都内在住

→詳しいプロフィールはこちら

娘について

  • ボールプールが大好き
  • 年に数回ボールプールで遊ぶ

今まで遊んだボールプール

ボールプールに行く時期

公園など外で遊べない夏か冬に行きます。

思いっきり外で走れず余った体力を、ボールプールでは全身を使って楽しんでます。

「ピュアハートキッズランド」ポンテポルタ千住について

→「ピュアハートキッズランド」ポンテポルタ千住のサイトはこちら

場所について

京成線の千住大橋という各駅しか止まらない、東京(ギリギリ足立区)でもマイナーな駅です。

見所はラーメン二郎とフットサル施設ぐらいしかありませんが、東京駅まで約30分とアクセスもよく、不動産投資に興味のある人には穴場の駅です。

事実、駅周辺にはお洒落な高層マンションが立ち始めてます。

→場所はこちら(Googleマップ)

行った時期

まず、2019年12月に2回行ってきました。

1回は天気の悪い土曜日、行くところがなく以前から気になっていたので初参戦。

2回目は保育園のなが〜い冬休み、行くところがなく娘が再度行きたがっていたので。

なので、今回は天気の悪い土曜日と冬休みという、比較的混雑時期に行ってます。

混雑について

天気の悪い週末土曜日(12月初旬)

特に情報もなく行ってみたのですが、最初の所見として

「あ、空いてる」

というのが本音でした。

千住大橋は都内23区とはいえ下町なので、東武池袋やスカイツリーに比べ圧倒的に面積は広いです。

なので、厳密に書くと、東武池袋やスカイツリーに比べると人口密度が低いというのが正しいかもしれません。

わかりにくいですが12月初旬の土曜日昼間の様子

冬休み最初の週末(12月)

冬休み最初の週末ということもあり、1回目よりは圧倒的に混んでました。

ただし、東武池袋のにこはぴきっずよりは圧倒的に空いてて、スカイツリーのこどもの湯よりはマシというのが本音です。

※東武池袋にこはぴきっずは毎週末お昼時は入場制限かかってます

わかりにくいですが、こちらは冬休み昼間の様子

料金について

ベーシックプラン

  • 最初の1時間:500円(30分毎:200円)/1名(大人も子どもも一緒)

フリープラン

  • 休日:1200円(大人も子どもも一緒)
  • 平日:990円(大人も子どもも一緒)

大人1名と子ども1名で2時間滞在した場合:1800円

他のボールプールと比較

にこはぴきっず(東武池袋)
  • 最初の1時間:1400円(30分毎:700円)/1名(子ども)
  • 最初の1時間:500円(30分毎:200円)/1名(大人)

大人1名と子ども1名で2時間滞在した場合:3700円

東東京こども区 こどもの湯(スカイツリー)
  • 最初の1時間:1200円(30分毎:600円)/1名(子ども)
  • 最初の1時間:600円(30分毎:300円)/1名(大人)

大人1名と子ども1名で2時間滞在した場合:3600円

東武池袋やスカイツリーに比べ料金は半額以下です。

また、千住大橋の方はフリープランがあり途中入場退場が自由なので、お昼ご飯休憩もOKです。

私たちの場合

1回目は様子見ということでベーシックプランで行きましたが、娘が興奮してなかなか帰らせてくれないため、滞在時間2時間半(1,100円)でした。

なので2回目はフリープランにしました。

施設について

他の施設に比べ、ボールプール以外にもたくさんの遊び場があるので、1日居ても飽きません。

砂場

娘がボールプール以上にハマったのが砂場でした。

衛生面の問題なのか、圧倒的に最近の公園は砂場少ないのか、ほとんど砂場遊びをしたことなかったので、夢中になって砂場遊びをしてました。

砂場遊び(冬休みの混雑状況)

砂場遊び(冬休みの混雑状況)

砂場遊び(冬休みの混雑状況)

ふわふわパーク

親子で滑れるビッグスライダーなどが多数あります。

12月初旬の土曜日は待つ事もなく、滑ってはすぐに登って再度滑るを10回以上繰り返してました。

乗り物パーク

手動と電動が両方あります。

12月初旬の土曜日は待ち時間なし(むしろ余ってる)、冬休みは空きなしでプチ待ちでした。

12月初旬土曜日の昼間(乗り物が余ってます)

12月初旬土曜日の昼間(乗り物が余ってます)

12月初旬土曜日の昼間(乗り物が余ってます)

ジムゾーン

平均台や鉄棒など広いスペースで体を動かしてました。

カフェゾーン

写真撮り忘れましたが、かなりの確率でマックでテイクアウトしたものを食べてました。

中に飲み物の自動販売機や販売所がありますが、値段も特段高めに設定などはなかったです。

ネガティブな点として、場所取り禁止と書いてるのにかかわらず荷物を置いて場所をとってる人が多かったのが印象的でした。

フォトゾーン

「これ考えて作った人、マジ神!」

「もうスタジオア○スやピ○キオは行きません」(行った事ないですが、、)

衣装について

女の子用のドレスや男の子用の衣装が10センチ単位で、色や形違いで多数あります。また、12月初旬に行った時はサンタやトナカイの可愛い衣装もあったので、季節に応じて色々あるんだな〜って思いました。

親子で入れる着替え室も2つありました。

→公式インスタに衣装や雰囲気などが掲載されてます

スマホ撮影について

スマホでもきれいに撮影できる方法などがディスプレイで紹介されてます。

チラッとiPhone11 pro(レンズ3つ)で撮影していたお母さんの写真を見ましたが、カメラマン泣かせというか不要なほど綺麗でした。

使用用途

節句、ハロウィン、クリスマスなどイベントごとに撮影するのものよし、衣装ごと持ち込んでここで撮影しても良いな思いました。

混雑状況

混雑状況として、12月初旬の土曜日昼間は数組撮影してる程度、冬休みは結構混んでました。

次回行く際に、衣装、着替え室、全体のロケーション、混雑状況など撮影してきます。

まとめ

  • ボールプール以外にも多数のアトラクションあり
  • 他の施設に比べ料金安い
  • フリープランなら一日中遊べる
  • 2019年7月にオープンしたばっかりで混雑少なめ
  • 千住大橋という東京でもマイナー駅なので混雑少なめ

とにかく費用対効果がよい施設で、夏と冬は今後もお世話になる予定です。

興味のある方はぜひ行ってみてください。

おすすめの記事