妊娠が発覚した後の手続きについて

あくまでも私の場合ですので、参考になれば。。

こんな流れになります

  1. 自宅で妊娠検査薬で検査(6週目頃)
  2. 産婦人科で診察(8週目頃)
  3. 区役所にて妊娠届を提出(母子手帳・妊婦健康診査の受診票等を受領します)
  4. 定期的な妊婦検診の開始(11週目頃)
  5. 会社に報告(安定期に入った5ヶ月目)

産婦人科はいつ頃行くのが良いのか?

産婦人科で診察を受けたのは、8週目でした。

事前に友人から、胎児の心拍が確認できる時期に産婦人科で受診してもらうのが良い。と教えてもらっていた為、妊娠週数を確認の上、近所の産婦人科を予約しました。

妊娠週数は、「最終生理開始日」・「生理周期」さえ分かっていれば、すぐに確認ができます。私が利用しているサイトは下記です。

→妊娠数週カレンダーはこちら

大抵の産婦人科ではホームページ内に妊娠週数を計算できるようなページがあります。

内診の結果、胎児の心拍確認、予定日等の診断結果を受領します。

妊娠届について

区役所に赴き、妊娠届を提出します。その際、下記の情報を記入する必要がありました。

  • 妊娠週数
  • 分娩予定日
  • 診断有無

上記は江戸川区のサンプルです。市区町村によって項目にバラツキはありますが、だいたいどこも似た内容です。

役所で頂ける物

  • 母子手帳
  • 妊婦健康診査の受診票
  • 子育て応援ガイドブック
  • マタニティーマーク

※区によって多少の差があるかもしれません。

マタニティマークについて

たまごクラブ等の雑誌に付属されていたり、JRの窓口でも配布されていますので、出かけるたびに鞄を変える方でマタニティマークをつけかえるのが面倒な方も、安心です。

定期的な妊婦検診について

「初回の検診は3ヶ月目までに終えてほしい。」

と、私の通っていた産婦人科では言われたため、なんとか、ぎりぎりの11週目に予約でき受診しました。このタイミングから、区役所から配布された「妊婦健康診査の受診票」を利用します。

→妊婦検診についてはこちら

会社に報告

本当は、吐気悪阻等休みが必要な場合は、妊娠発覚後すぐに会社へ報告することが最適だと思いますが、私の場合、幸いな事に、食べ悪阻、眠気悪阻のみで会社を休む必要もなかった為、安定期に入った5ヶ月目の会社へ報告にしました。

*5ヶ月目であれば、お腹も出ておらず「少し太ったかな!?」位の体型でした。

おすすめの記事