【2021年10月】三鷹の森ジブリ美術館のチケット争奪戦に勝てた秘訣

2021年10月に緊急事態宣言が解除したので、以前から興味があった「三鷹の森ジブリ美術館」に子連れで行ってきました。

これから初参戦される方をターゲットに、チケットの取り方やカフェメニュー、お土産などを紹介します。

このブログのターゲット

  • 三鷹の森ジブリ美術館に初参戦の方

私たちについて

  • 4歳の子ども(女の子)を持つ夫婦
  • 東京下町在住

→私たちについてはこちら

※となりのトトロは大好きですが、それ以外の映画は怖くて見れないですw

即完売の土曜日チケットの取り方

チケットの購入先

チケットの購入はローチケWEBサイト一択です(※スマートフォンのみの受付)。

→ローソンWebチケット(三鷹の森ジブリ美術館)はこちら

その他、チケットの受け取りにはローソンチケットアプリのダウンロードが必須です。

→アプリダウンロードはこちら

土曜日のチケット販売空き状況

チケットは、来館希望日一週間前の、同曜日10時00分から販売されます。

が!!土曜日のチケットの10時10分にはほぼ完売してます。。。(訪日外国人が増えてきたら10時10分も取れない気が、、、)

10時08分にはもう残り少なく。。。

※当日券はありません

土曜日のチケットを購入する方法

事前に購入前までのフローを準備と練習する事が重要です。

丸腰で1週間前の土曜日に予約しようと思っても、あたふたしていたらあっという間にチケットは完売してます。

準備1 ローソンWebサイトで会員登録をしておく事

意外としてないですが、会員登録をしてない方がチケット購入当日にバタつくのが会員登録。

事前にローソンwebサイトで会員登録しておくしてないの差が準備の半分を占めてると言っても過言ではありません。

準備2 購入フローの予習

これも当日ばたつかない重要な準備の一つです。

事前に申し込みフォローを知っておく事で、チケットの申し込みまで最短で申し込みが可能になります。

平日分のチケットは余ってるケースが多く事前準備には最適。

お申し込みボタンをクリックし、

画面スクロールしカレンダーを選択、

カレンダーを選択すると時間が表示される

指定の時間を選び枚数を選びます。

不正な利用を防ぐための承認をして購入に進むというフロー

会員登録と購入フローを知っておけば当日購入でばたつく事はありません。

行き方について(三鷹駅〜入場まで)

色んなルートがありますが、子連れの方の多くが一般的にはJR三鷹駅の南口からコミュニティバスを利用されてます。(所用時間5分程度)

ハードリピーターの話だと、吉祥寺駅で降り、公園を1kmほど散歩しながら向かうというコースもあるようです。

とはいえ初めての方はJR三鷹駅の南口からコミュニティバスを利用をするのが良いかと思います。

JR三鷹駅からの道のり

改札を出て右側が南口。

構内を出るあたりに「ジブリ美術館行きバスのりば」の看板が多く見えるので迷う事はありません。

バスのりば直ぐ横に券売機があるので事前に購入しておきます。

→コミュニティバスの料金はこちら(三鷹の森ジブリ美術館Webサイト)

バスは可愛いラッピング。徐々にテンションが上がっていきます。

マックロクロスケがバスラッピングされてます

11時入場のチケットだったため10時30くらいに乗りました。車内の混雑具合はこんな感じでした。

バスの混雑具合

入場前の様子

入場ゲートすぐ近くにトトロがお出迎えしてくれる場所があります。

ここは撮影スポットですが写真撮影ができるスポットなので混雑します。

私たちも運良く撮影できましたが、時間に余裕のある帰りに撮影する事をお勧めします。

トトロとマックロクロスケがお出迎えしてくれるので、トトロファンの娘はテンションが上がりっぱなしです。

入り口にはトイレがあるので安心

土曜日11時入場の様子

並んでいる列が徐々に進むといよいよ入り口です。ここまで来ると都会であることを忘れる風景になります。

チケットの確認

このあたりで係員さんに入場チケットの確認をされます。

チケットの確認はアプリダウンロードが必須なので絶対に忘れないように気をつけてください。

→アプリダウンロードはこちら

この画面を係員さんに見せます。

スクリーンショットをとるのを忘れましたが、入場時間になると指でスライドする表示があるので、係員さんの前でスライドすると入場済みのサインが出ます。

係員さんの前でスライドすると入場済みのサインが出ます。

たまたまだったかもしれませんが、私たちの場合は免許証などの身分証明書はなかったですが、念の為身分証明書はもっておいてください。

入場チケットについて

ネットで話題の入場チケットですが、フィルム名場面の入場チケットになります。

運が良いと人気作品の名シーンが映った入場チケットが手に入るようです。

残念ながら私たちの場合はどのシーンか分からないチケットでしたw

館内について

館内は全て撮影禁止です。

まれにまれにまれにこっそりスマホで撮影してる方がいましたが、周囲から強烈に冷めた目で見られてました。。。

お気に入りスポット

4歳娘のお気に入りスポット(ネコバス)

もう子どもには超人気スポットのネコバス。「ネコバス乗ってみたい!」という夢を実現できるエリアです。

→スタジオジブリが無料提供してる名場面静止画はこちら

入場制限について

1回5分の時間制限があり中に入れるのは小学生以下。3歳以上の子はマスク必須、遊べるのも1回につき7人〜8人程度でした。

コロナ対策

係員さんが1回終わった事に次亜塩素酸かアルコール消毒をしており、空気清浄機2台、扇風機2台、近くの外に通じる扉を全開にしてました。

子どもたちも入る時にはアルコール消毒必須のため、かなり子供の遊び場とはいえ、かなり厳重にしてる雰囲気はありました。

混雑具合

所感ですが、12時〜13時くらいは2回転、3回転くらいの待ちになり、13時〜14時は1回転〜2回転ほどの待ち。14時〜は1回転から待ち時間なしで入れました。

※余談ですが娘は興奮して8回ほど遊びました。

ネコバスの中について

娘の感想になりますが、ネコバスの中は布団よりフカフカとのことでしたww

私たちのお気に入りスポット

ジブリ・オリジナル短編アニメーションが見れる地下1階にある映像展示室「土星座」です。

月替りで映画が開催され、私たちの行った時は「めいとこねこバス」という映画でした。

→映画スケジュールはこちら(三鷹の森ジブリ美術館)

トトロファンなら楽しめる映画です。

ちなみに映画は1人1回なので、映画館に入る際に係員さんが入場チケットにスタンプを押してくれます。

→利用のご案内はこちら(三鷹の森ジブリ美術館)

1000円の部分にスタンプを押していただきます

カフェ(麦わらぼうし)について

飲食ができるカフェ麦わらぼうしは撮影可能だったので写真付きレポートになります。

カフェ麦わらぼうしのテイクアウトスペース(混雑具合)

飲食はカフェ内かテイクアウトスペースがあります。

カフェ内で食べられるメニューはこちらです。

カフェ内で食べられるメニュー

カフェには入りませんでしたが、テイクアウトよりも料金が高いためか、さほど混雑してるイメージはありませんでした。

テイクアウトのメニューはこちらです。

テイクアウトのメニュー

私たちも購入しましたが、昼食と言うよりも軽食になります。

これで2500円くらいでした。昼食というよりは軽食です。

リピーターによると、三鷹の森ジブリ美術館は持ち込みが可能なので、サンドイッチやおにぎり、ジュースを持ってきて、食後にコーヒーやアイスクリームを楽しんだりされるケースもあるよう。

→利用のご案内はこちら(三鷹の森ジブリ美術館)

また、10時から入場して13時に出て駅近くのファーストフードというケースも多いようです。

テイクアウトスペースにある手洗い場

よく見ると蛇口が可愛い

私たちは今回が初めてだったので、お金のことは気にせず、ラムネなど思う存分楽しみましたが、次回以降はおにぎりやサンドイッチを持っていくか、お昼にはアウトして駅周辺のファーストフードを食べて帰ろうかなと思いました。

ラムネはワゴンカーで販売してます

撮影スポットについて

館内撮影禁止ですが、いくつか撮影ができるスポットがあるのでご紹介します。

入場ゲート前のトトロ

入場時に紹介しましたが、鷹の森ジブリ美術館でも人気の撮影スポットです。

この場所は入場チケットがなくても撮影ができるので、入場ができない方でも撮影可能です。

入り口前の緑

こちらも入場時に紹介しましたが、横から撮影するとまるで異空間にいるような雰囲気が演出されます。

屋上のラピュタ

屋上に登ると、ラピュタのロボット兵と巨大な石があります。ここもラピュタファン必見の場所になります。

恐る恐る触ってみました。

娘はラピュタは怖くて見れないのですが、いつか一緒に親子でみたいなと思ってます。

トトロのポンプ

地下1Fの中庭スペースはトトロに出てきた手漕ぎポンプがあります。都内ではほとんど見ることができない手漕ぎポンプ。娘も興味津々にポンプを引いてました。

ちなみにポンプの直ぐ近くに隠れマックロクロスケの撮影スポットがあります。

4歳の娘はビビりながら触ってました。

お土産(グッズ)について

ネコバスと同じフロアにお土産グッズが売ってるマンマユートがあります。

飛行石や銀細工などファンにはよだれものグッズから、数千円のぬいぐるみやパーカー、数百円の文具やポストカードなど、限定グッズまで多数揃えてます。

普段お土産とか絶対買わない私たちですが、「三鷹の森ジブリ美術館限定」に弱く、、、この日ばかりは財布の紐が緩くなり数千円の購入しました。

人気のステンドグラス風ポストカード

三鷹の森ジブリ美術館限定「ムゼオトトロ」

ワゴン販売限定のトトロ水鉄砲

マンマユート以外で購入できるお土産

実はカフェ(麦わらぼうし)でもお土産ワゴンがあり、こちらは撮影可能なお土産グッズが多数揃ってます。

これまたワゴン販売限定という文字に弱く、お風呂遊びができるトトロの水鉄砲を購入しました。

コスプレ率

トトロのめいちゃんや魔女の宅急便のキキなど、コスプレしてるキッズが数組いました。

次行くときは娘にも似たような格好をできれば考えてます。

所要時間について

11時に美術館内に入り、外に出たのが15時30分。4時間30分の滞在になりました。。。

初めてだったので隅から隅まで見たこと、そしてネコバスを8回も満喫した結果でしょうか、、、コロナであまり外出できなかった反動か、娘の楽しそうな顔を見ると離れることができる想像以上に長時間滞在しました。

次回からは10時インの12時30分〜13時00分にはアウトできればと考えてます。。。

まとめ

初参戦の「三鷹の森ジブリ美術館」。数日経った今でも娘は「またネコバスのりたーい。」とおねだりしてきて、さらには再度映画を見るほど。

次回行くときはトトロ以外の映画も見せたいな、娘の成長記念にまた一緒に行きたいなと思う今日この頃です。

おすすめの記事