【親目線の口コミ】2歳でブラッシュモンスターを使ってみた

小さな子どもをもつ親で密かな話題になってるブラッシュモンスター。

意外といいお値段がするでリアルな口コミが少ないので体験記を残します。迷ってる方へ良いアドバイスができれば嬉しいです。

私たちについて

  • 父、母、娘(2歳)の家族3人

→詳しいプロフィールはこちら

娘について

2歳になったあたりからイヤイヤが激しく、特に歯磨きが大嫌い。

泣いて騒いで暴れて、歯磨きになると必死に抵抗する。

私たちがお悩み

朝の時間がない時に歯磨きに抵抗されると、とにかく疲れるからです。

長い時は歯磨きをするまでに30分以上かかることも。。。

「ここで時間を取られたくない!」

歯磨きの時間になると、娘同様、私たちも気が重くなってました。

「お金払うから娘の歯磨きを手伝って欲しい!!」

こうなってくると、あとはお金で解決できないか、ネットで調べてたどり着いたのが子ども用の電動歯ブラシでした。

子どもってスマホすきじゃないですか。

マツキヨで売ってる子供用歯ブラシではなく、スマホ連携してくれるような電動歯ブラシなら使ってくれるんじゃないかと安易な考えで購入を検討しました。

子ども用の電動歯ブラシ比較

ブラウンのポケモン 電動歯ブラシ

→ブラウンのポケモン 電動歯ブラシはこちら(Amazon)

→互換性のある替ブラシはこちら(Amazon)

専用アプリを見ながら歯磨きをしていく電動歯ブラシです。

ウリはなんと言っても「ポケモン」

比較検討した中で一番安価で、みんな大好きポケモンだから、まずはこれで様子見しようかなと思ってました。

フィリップス ソニッケアーのこども用電動歯ブラシ

→フィリップス ソニッケアーのこども用電動歯ブラシはこちら(Amazon)

→互換性のある替ブラシはこちら(Amazon)

ポケモンのアプリに比べると、歯磨きのやり方をティーティングしてくれる優れもの。

値段もポケモン(2,200円)に比べると約3倍の6,400円と少々高め。

それでも歯磨きのやり方を教えてくれるのなら安い買い物ではないでしょうか。

ブラッシュモンスター

→ブラッシュモンスターはこちら(Amazon)

→替ブラシはこちら(Amazon)

ブラッシュモンスターを購入した理由

少し恥ずかしい理由になりますが、歯磨きにかなり疲弊していた事、時間をショートカットできるのならお金をいくらでもかけようと思っていたので、比較検討をじっくりせず、一番高い歯ブラシを購入しました。

→ブラッシュモンスターはこちら(Amazon)

一番高いやつなら失敗する確率は少ないだろう、仮に大失敗したらメルカリ に出品しようくらいの気持ちで購入しました。

ブラッシュモンスターの良いところ

一番のポイントはなんと言ってもAR(現実世界とバーチャルのブレンドした画面)で歯磨きを楽しくできるところです。

専用アプリを起動させると正面のカメラ機能がオンになり、歯ブラシのスイッチを入れるとスタート。

顔を自動認識で判別し、顔の部分に毎回違うアイテムを付けてくれる優れもの。

それと同時にアプリから「右下の歯を磨いて」「左下の歯を磨いて」など指示があるため、その通りに動かすとキラキラと画面が反応する優れものです。

磨いて欲しい箇所を指定されます。

ちゃんと指定された位置に歯ブラシがおけてると、口元がキラキラします。

IOTが当たり前の世代(令和の子)と言いますが、親の悩みをARで解決するのが最近ぽいですよねww

→ブラッシュモンスターはこちら(Amazon)

使ってみてどうだったか

実は購入当初全く興味を持ってくれませんでした。

そもそも対象年齢が3歳から。私たちが渡したのは2歳初期だったので仕方ないですよね。。。

これ失敗したな〜って思い、メルカリにすぐに出品しようと思ったのですが、その事をすっかり忘れており半年。

2歳中盤になるとスマホが大好きになり、何かと理由をつけては親のスマホを見ようとします。

これはチャンス到来と思い、メルカリに出品し忘れたブラッシュモンスターで再度渡してみると大ハマり。

何度か歯磨きをすると新しいキャラクターが出てきます。

 

歯磨きをするごとに新しいモンスターが出てくるのが楽しいようで、今では「モンスターする〜」が食後の口癖になり、素直に歯磨きをするようなりました。

ちゃんと磨けてるか

結論からいうと、全く磨けてないと思います。

一応磨けてるか箇所と磨けてない箇所が表示されますが、精度については不明です。

ブラッシュモンスターを一人でさせたあと、マツキヨで買ってる子ども用歯ブラシで仕上げ磨きしてます。

本来の正しい使い方は正しい歯磨きをすることですが、まだ2歳の娘には親との仕上げ磨き前の儀式になってます。

それでも仕上げ磨きまでスムーズに持っていけるなら安い買い物です。

ブラッシュモンスターのデメリット

コスパ

本体価格も高いですが、それ以上に替ブラシが高いです。

というのもフィリップスやブラウンに比べ流通量が少ないので、互換性のある替ブラシがまだありません。

もちろん、電動ブラシの収益の多くが替ブラシなので、なるべくオリジナルで使うべきところでもありますが。。。

ブラシの耐久性

2歳の場合、歯を磨くというよりは噛んで遊んでるため、新しいブラシもすぐに毛先が割れてしまいます。

速い時は10日程で。。。

なので、毛の部分ではない箇所もなぜかボロボロ。。。

10日後の状態(正面)

10日後の状態(裏側もボロボロ)

本来であれば毛先が広がったら替えなくてはいけないですが、スマホを見ながら遊んでるだけなので、1ヶ月以上ブラシをほったらかしにしてます。

1ヶ月後の状態。。。歯ブラシではなくなってます。。。

3歳になって、ブラッシュモンスターを正しく使えるようになったら、毛先が広がったらすぐに替えようかなと思います。

→ブラッシュモンスターはこちら(Amazon)

まとめ

2歳児のブラッシュモンスターがありかなしかでいうと、個人的には全然ありだと思います。

特に我が子のように、歯磨きのテンションまで持っていくのに30分以上かかるくらいなら、ブラッシュモンスターでもなんでも安いもんです。

もちろん、ブラッシュモンスターのハードルが高い方はポケモンなどまずは安価なところからスタートしてみてるのもあり。

どちらにしろ、歯磨きイヤイヤっ子にはまずはスマホと電動歯ブラシが良いと思います。

→ブラッシュモンスターはこちら(Amazon)

おすすめの記事